東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究常呂実習施設所蔵 常呂川下流域の考古資料コレクション

クマ頭部彫像クマ頭部彫像
No.42
名称クマ頭部彫像
出土遺跡トコロチャシ跡遺跡(史跡常呂遺跡)オホーツク地点7号竪穴埋土 
法量 (cm)高3.5
時代オホーツク文化(後期)
年代紀元8-9世紀
所蔵常呂実習施設
報告書『トコロチャシ跡遺跡オホーツク地点』Fig.50-51
解説クマの頭部を繊細かつ写実的に表現した彫像である。鹿角製で、下部は欠損しており、指揮棒のような形状であった可能性もある。竪穴内の骨塚の上部から出土しており、オホーツク文化の動物儀礼の遂行過程を示唆している。