東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究常呂実習施設所蔵 常呂川下流域の考古資料コレクション

クマ骨偶クマ骨偶
No.41
名称クマ骨偶
出土遺跡トコロチャシ跡遺跡(史跡常呂遺跡)オホーツク地点8号竪穴埋土
法量 (cm)長3.5
時代オホーツク文化(後期)
年代紀元8-9世紀
所蔵常呂実習施設
報告書『トコロチャシ跡遺跡オホーツク地点』Fig.93-22
解説鹿角製で、クマの頭部から胴部までの姿が表現されている。首回りと背中には紐を付けたような表現がみられる。その形状はアイヌ文化のクマ送り儀礼で用いられる仔グマを繋ぐ紐と似ており、関連性が注目される。