東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究常呂実習施設所蔵 常呂川下流域の考古資料コレクション

2 常呂実習施設所蔵資料について

(1)概要

1967年に常呂実習施設附属の資料館として建設された東京大学大学院人文社会系研究科附属常呂資料陳列館には、60年以上にわたる常呂川下流域の遺跡発掘調査で出土した考古遺物を中心に、約160,000点の資料が収蔵されている。これらの資料には北海道の考古学史において重要な役割を果たしてきたものも多く、そのような資料を中心に約840点が資料陳列館で展示公開されている。本サイトに掲載した資料も、現在、ほとんどのものが同館の常設展にて公開されている。

(2)資料の報告書と解説文の引用文献について

本サイトに掲載した資料については、全点、発掘報告書などですでに報告がなされており、対応する文献の図版番号等を各資料の「報告書」の項に掲載した。報告書及び解説文に引用した文献の目録を以下に記す(刊行年順)。

(3)本サイトの制作

本サイトの制作は以下の者が担当した。

資料写真撮影・解説文執筆
熊木俊朗・夏木大吾(後期旧石器時代の石器群・石刃鏃石器群)
メタデータ編集
熊木俊朗
制作協力
荻野はな・福田正宏・北見市教育委員会