方法序説

『フランス哲学・思想研究』公募論文応募規定
1)テーマ:フランス哲学・思想に関するもの、日仏両哲学界の交流に寄与するもの
2)応募資格:日仏哲学会会員
3)原稿の形式:ワープロによる完全原稿のPDF。和文・仏文を問わず、1行全角43字(半角86字)の設定で横書き、タイトル、著者名、注も含めて300行以内。注はワープロソフトの脚注機能は使用せず、本文の該当箇所に通し番号1)、2)、……をつけ、本文の後に置くこと。和文・仏文いずれの場合も仏語レジュメ(上記設定でタイトルと著者名も含め12行以内)を本文とは別のページに付すこと。応募者の連絡先(住所、電話番号、E-mailアドレスを含む)を明記した別紙ファイルのPDFを添付すること。
4)原稿作成上の注意:欧文のハイフンは本来のものだけとし、改行時には入れないこと。また仏語レジュメは、ネイティブ・チェックを受けるなど、著者が責任をもって点検を済ませておくこと。
5)原稿締め切り:2013年12月末日、件名を「フランス哲学思想研究公募論文」としたメールに原稿等のファイル(本文・仏語レジュメ・応募者連絡先)のPDFを添付し、編集委員長宛に送付すること。
6)原稿送付先:編集委員会委員長宛。アドレスは2013年9月以降、秋季大会後の会報に掲載予定。以下に2013年8月末までのアドレスを記載する。
(編集委員長):香川知晶

7)審査:掲載の可否は編集委員会で決定する。掲載決定の場合、応募者は原稿の電子ファイル(Microsoft Wordバージョン2000以上を推奨。それ以外の場合は、使用したソフトウェア名を明記し、テキスト形式で保存)を電子メール(添付ファイル)で送付すること。


「会員の声」投稿規定
本コーナー設置の趣旨は、会員の意見を多様なかたちで取り上げ、学会の活性化を図ることです。以下の規定に従い、ご投稿下さい。
1. 内容は、海外の学会活動、研究動向の紹介、機関誌掲載の論文に対する意見、書評への意見等。
2. 枚数は、概ね2000字以内。投稿者は原稿の電子ファイル(Microsoft Wordバージョン2000以上を推奨。それ以外の場合は、使用したソフトウェア名を明記し、テキスト形式で保存)を電子メール(添付ファイル)で送付すること。
3. 投稿の締め切りは、2013年12月末日。
4. 寄せられた原稿の掲載の可否については、編集委員会に一任とする。
 原稿送付先:編集委員会委員長宛。アドレスは2013年9月以降、秋季大会後の会報に掲載予定。

著作/制作・日仏哲学会 ホームページ管理委員会