研究室の風景

高山 守 名誉教授

Prof. Emer. Takayama Mamoru

 略歴
【学歴】

 東京大学文学部卒業
 東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学

【職歴】

 南山大学文学部助教授(1982年4月)
 東京大学教養学部助教授(1988年4月)
 東京大学文学部助教授(1990年4月)
 東京大学文学部教授(1994年4月)
 東京大学大学院人文社会系研究科教授(1995年4月~2013年3月)
 東京大学大学院人文社会系研究科名誉教授(2013年6月より)

【学位】

 博士(文学) (2001 年3 月京都大学より取得)

(2012年4月現在)
 専門分野・キーワード

専門分野:
 ドイツ近代哲学

 現在の研究・関心

1) 因果必然性を理由必然性に解消することにおいて、必然性、偶然性、および、人間の自由というものの関係性を確定し、それぞれのあり方を明確化する。
2) とりわけ、人間が自由であるということの内実を浮き彫りにし、その自由論を家族論へと展開する。人間のもっとも基本的な自由のあり方を、家族というあり方のうちに見いだそうと試みる。家族なるものの崩壊が、人間の自由というものの、ひいては、人間のもっとも重要なあり方の崩壊につながりうるのではないか。
  (以上、二つの課題遂行の基盤は、いずれもヘーゲル哲学である。)

 担当授業
 主要業績
 所属学会

哲学会(理事)、 日本哲学会(理事)、 日本ヘーゲル学会(代表理事)、 日本シェリング協会(理事)、 日本フィヒテ協会


Copyright(C) 2007-2008 Department of Philosophy, University of Tokyo, All rights reserved.