研究室の風景

東京大学OPACで「文・哲学」と表記があった書籍は哲学研究室の書架に配置されています(ただし、「3号館」と付記されている書籍は、文学部3号館図書室に所蔵されています)。これらの書籍は東京大学に籍のある方ならどなたでも閲覧できます。また、「禁帯出」シールが張られたものを除いて、借りることもできます。
貸し出しの際の手続きは所属によって借り方が異なります。以下の手順をご確認ください。
※なお、「文・哲学」以外の書籍については、該当する図書室でご確認ください。

 東京大学の文学部・人文社会系研究科に所属されている方
 教養学部科学史科学哲学研究室・総合文化研究科科学史科学哲学研究室に所属されている方
 もしくは過去に所属されていた方

学生証・身分証明書をご持参ください。
貸出カードをご記入いただき、貸出を致します。(全集や貴重本など一部の図書を除く)
尚、研究室内での複写はできません。

貸出カードの作成

  1. 学生証・身分証明書を提示してください。
  2. 研究室で「貸出カード」を作成してください。

本の借り方

  1. 借りたい本の書名、著者名、請求番号を申し出てください。請求番号とはOPACで検索したときに、"AM:1547"や"NL:5419"といった形で出てくる番号のことです。所蔵場所が分からない場合はお探しします。
  2. 台本版をその著作があった場所に置きます。台本板は所定の場所においてあります。台本版の背表紙には、著者名、書名、閲覧者の名前、その本の請求番号("AM:1547"や"NL:5419"等)を記入した紙を挟みます。その紙は「貸出カード」ケースの近くにあります。
  3. 自分の「貸出カード」に、図書番号(請求番号)、著者名、書名、貸出日を記入し、判子を貰ってください。その後、カードはケースに戻します。

本の返し方

  1. 本を返し、「貸出カード」に判子を貰ってください。
 東京大学の他部局所属の方
 学外の方