(3月31日:変更)【重要】2020年度Sセメスター開講授業の開始時期について 2020年3月25日


 

2020年度Sセメスター開講授業についてのお知らせ(変更)

 

 令和2年3月30日付東京大学新型コロナウィルス対策タスクフォースの要請を踏まえ、人文社会系研究科・文学部の授業は当面すべてオンライン上で行います。3月25日に通知した通り、4月3日(金)から16日(木)までの2週間をオンライン授業の導入等を含む課題対応期間と位置づけ、準備が整い次第4月17日(金)から順次開始することとします。

 実験や演習等全面的なオンラインでの開講が難しい授業については、当分の間対面での授業を控え、部分的なオンライン化の他、レポートや課題の設定等で対応することとします。個々の授業の開講日、オンラインURLなどについては、必ずシラバスで確認してください。また、オンライン授業の講習会の開催を含む支援策を準備しています。詳細については決まり次第通知します。

 今後対応方針が変更される可能性もあります。ホームページに掲載する情報に注意するようにしてください。

 

 

                                       令和2年3月31日

                                       東京大学大学院人文社会系研究科長・文学部長

                                                       大西 克也

 


 

 

2020年度Sセメスター開講授業の開始時期について

 

 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、全学の対応方針に照らして新年度の授業の在り方を検討してきましたが、授業開始時期についての対応が決まりましたのでお知らせします。

 相当数の授業が通常の形式では行えない状況が長期化する可能性に鑑み、4月3日(金)から16日(木)までの2週間をオンライン授業の導入等を含む課題対応期間と位置づけ、人文社会系研究科・文学部の授業は全て4月17日(金)から開始することとします。個々の授業の開講形式については、必ずシラバスで確認するようにしてください。また、オンライン授業の講習会の開催を含む支援策を準備しています。詳細については決まり次第通知します。

 状況は流動的で、今後対応方針が変更される可能性もあります。ホームページに掲載する情報に注意するようにしてください。

 

                                        令和2年3月25日

                                       東京大学大学院人文社会系研究科長・文学部長

                                                       大西 克也