大好評を博したシンポジウム『ことばの危機』が書籍化 2020年6月26日


 

 

 大好評を博した文学部のシンポジウムが書籍として発刊されました。

 2019年10月19日に行われた東京大学ホームカミングデイ文学部企画 シンポジウム「ことばの危機」では、入試改革・教育政策に焦点を当て、文章を読み解く「人文知」の根幹、あるいは「読解」という概念が大きな危機を迎えていることに文学部の教員が警鐘を鳴らしました。

 この度、発刊する新書は、本シンポジウムの内容をもとに当日伝えきれなかった内容を大幅に盛り込んで、書籍の形にまとめられたものです。

 今後とも、文学部の学問の魅力を広く一般に周知できるよう努めて参ります。

 

『ことばの危機~大学入試改革・教育政策を問う~』(集英社新書)

<著者>

阿部公彦 東京大学文学部・人文社会系研究科教授

沼野充義 東京大学文学部・人文社会系研究科名誉教授

納富信留 東京大学文学部・人文社会系研究科教授

大西克也 東京大学文学部・人文社会系研究科教授/研究科長・文学部長

安藤 宏  東京大学文学部・人文社会系研究科教授/文学部広報委員長

 

 <関連リンク>

阿部公彦 教授(英語英米文学)

納富信留 教授(哲学)

大西克也 教授/研究科長・文学部長(中国語中国文学)

安藤 宏  教授/文学部広報委員長(日本語日本文学(国文学))