本研究科博士課程の学生が「第9回日本学術振興会育志賞」を受賞 2019年3月11日


欧米系文化研究専攻西洋史学専門分野博士課程1年の村田優樹さんが、

「第9回日本学術振興会育志賞」を受賞いたしました。

 

育志賞は、将来我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な

博士課程の学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の

養成を図ることを目的として創設された賞で、第9回は2460件の大学及び

学術団体から155名の推薦があり、村田さんは受賞者18名のひとりに選ばれました。

 

村田さんの研究テーマは「革命、内戦期中東欧における『一民族一国家体制』

の成立」です。

 

詳細はこちらをご覧ください。