休学願・復学願等の提出について 2017年7月26日


平成29年9月30日、又は10月1日付で下記に該当する方は、所定の用紙を
下記URLよりダウンロードまたは大学院係窓口で受領のうえ、平成29年8月31日(木)
までに手続きを行ってください。

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/student/postgraduate_format.html

1. 在学期間延長:修士は2年、博士は3年を越えて在学する方。
2. 復学:休学許可期間が終了する方は、休学を継続する場合を除き、必ず提出して
ください。
※復学と同時に在学期間延長となる場合は、復学願と在学期間延長願の両方を提
出して下さい。

3. 休学:継続する場合も再度届出が必要です。
休学期間の取扱いについては、休学を希望する方は、原則として以下の(1)~(4)の区分により申請してください。
なお、1回の手続きで申請できる期間は1年以内です。

   (1)    4月1日から8月31日(5か月)
   (2)    4月1日から翌年3月31日(12か月)
   (3)    9月1日から翌年3月31日(7か月)
   (4)    9月1日から翌年8月31日(12か月)

   ただし、上記の区分に当てはまらない場合でも、修学上不利益が生じないと
   判断される場合には、以下の区分による申請も可能です。
   ※授業料区分(前期(4月1日から9月30日)・後期(10月1日から翌年3月31日))に応じた休学期間を希望する場合等

   (5)    4月1日から9月30日(6か月)
   (6)    10月1日から翌年3月31日(6か月)
   (7)    10月1日から翌年9月30日(12か月)

 ※9月30日までの休学が許可され10月1日から復学する方は、
A1タームの授業期間が休学期間に若干重複する場合、その重複した期間における授業の履修は認められます。
履修登録方法については、大学院係に確認してください。

4. 留学:休学することなく在学の身分のまま海外の大学へ留学する場合(1年以内)。協定による交換留学等が含まれます。
5. 研究指導の委託:休学することなく在学の身分のまま国内の他の大学の大学院
または外国の大学の大学院等において研究指導の一部を受ける場合(1年以内。但し
博士課程においてはさらに1年以内に限り延長申請可)。申請の際は事前に大学院係
窓口にご相談ください。
6. 海外における学術調査等:休学することなく在学の身分のまま2ヶ月以上にわたり
海外へ渡航して学術調査等に従事する場合。申請の際は事前に大学院係窓口に
ご相談ください。
※2ヶ月以上にわたり海外渡航する場合は、上記3~6のいずれかの学籍上の手続きを
取ってください。

7.  退学:届出用紙は大学院係窓口にて受け取ってください。
※ 在籍・在学期間が満了になっても、自動的に満期退学にはなりません。

 

・通年科目を履修登録している者で、Aセメスターを休学・留学・研究指導委託する場合は、科目担当教員と指導教員の承認を得てSセメスター分の単位のみ認定を受けることができます(単位分割認定)。単位分割認定を希望する場合は、所定の様式を大学院係窓口で受け取り申請してください。通年科目を履修している者が単位分割認定の申請をせずに休学等をした場合、当該科目の成績は「未受験」となります。

・期限までに書類を提出できない事情がある場合には、事前に大学院係までご相談ください。

                         人文社会系研究科大学院係