現代文芸論研究室より特別講義のお知らせ(7月14日開催) 2009年7月8日


現代文芸論研究室・ラテンアメリカ文学概説特別講義

「ガルシア=マルケスと安部公房 ―伝統と侵犯」

※使用言語:スペイン語(通訳付き)
※※聴講自由

日時:2009年7月14日(火)/午前10時20分~12時
場所:東大本郷キャンパス法文1号館115教室

特別講師:グレゴリー・サンブラーノ(ロス・アンデス大学文学研究科教授)
司会:野谷文昭(東京大学大学院教授)

グレゴリー・サンブラーノ
ロス・アンデス大学文学研究科教授。文学理論、現代アメリカ文学研究を専門とする一方、試作も手がけ、国内および海外の雑誌に寄稿。2008年度国際交流基金日本研究プログラムにより来日、現在、東京大学教養学部で安部公房とガルシア=マルケスの比較研究に従事。