スラヴ語スラヴ文学研究室より特別講義のお知らせ 2009年6月23日


アレクサンドル・ボブロフ博士特別講義
「中世ロシア文学の魅力」

日時:2009年7月3日/午後4時~6時
場所:東京大学文学部3号館7階スラヴ語スラヴ文学演習室

ロシア科学アカデミー・ロシア文学研究所(通称「プーシキン館」)中世ロシア文学部門主任研究員で、この分野の世界的権威として知られるアレクサンドル・ボブロフ博士をお招きし、中世ロシア文学の世界の魅力をわかりやすく語っていただきます。ロシア中世文学入門のまたとない機会です。専門的関心をお持ちの皆様のご来聴を歓迎します。

司会:三浦清美(電気通信大学准教授、中世ロシア文学)

※講義はロシア語で行われます。
※入場無料。事前登録不要。

共催:スラヴ語スラヴ文学研究室・現代文芸論研究室
企画責任:沼野充義