考古学研究室主催特別講義のお知らせ 2008年12月2日


東京大学 特別講義
「キートリー・クリーク遺跡の調査とその成果」(仮題)

講師: Brian Hayden教授
Simon Frazer University, Department of Archaeology

Brian Hayden教授は、世界的にも著名な先史考古学者で、北米・中南米・欧州をはじめとする世界各地で発掘調査を行っています。また考古学理論研究でも著名で、現在世界で使用されている社会進化論のひとつである、威信経済社会論の提唱者としても著名です。
今回来日する機会があり、本学で特別講義をしてもらうことになりました。Keatley Creek遺跡は、カナダ南西部のバンクーバー市にほど近い高原地帯にある先史時代の集落址です。Hayden教授によって竪穴住居からなる集落の発掘調査が行われ、正式報告書が刊行されており、北米では数少ない貴重な調査成果が挙げられています。この機会にその調査成果を講義していただきます。

日時: 2008年12月14日(日) 午後2時~4時頃

場所: 東京大学法文1号館113教室

言語: 英語(簡単な通訳をお願いする予定)

対象: 東京大学の学生・教職員

問い合わせ先:
考古学研究室(下記リンク参照)
佐藤宏之 hsato@l.u-tokyo.ac.jp