東京大学文学部スラヴ語スラヴ文学研究室・現代文芸論研究室共催 国際ワークショップ「翻訳と世界文学」のお知らせ 2008年7月8日


国際ワークショップ
翻訳と世界文学(企画者:デンニツァ・ガブラコヴァ、沼野充義)

日時:2008年7月11日(金)・15時~18時30分(終了後に歓迎会)
場所:東京大学(本郷キャンパス)文学部3号館7階スラヴ文学演習室

* 専門的関心をお持ちの方のご来聴を歓迎いたします。ただし、基本的にすべて英語(通訳なし)で行われますので、あらかじめご了承ください。
** 本ワークショップの使用言語は基本的に英語(通訳なし)ですが、場合に応じてロシア語、ドイツ語および日本語も使用可能です。

詳細:現代文芸論研究室

International Workshop
Translation and World Literature
(Organized by Dennitza Gabrakova and Mitsuyoshi Numano)

July 11 (Friday), 2008
3:00 pm- 6:30 pm (a Reception Will Follow)

Slavic Seminar Room,
7th Floor, Building No.3, Faculty of Letters (Bungaku-bu Sango-kan)
Hongo Campus, The University of Tokyo

The workshop is co-organized by the Dept. of Contemporary Literary Studies and the Dept. of Slavic Language and Literatures, and conducted under the auspices of “Cultural Identity in the Epoch of Globalization and the Formation of a New Canon of World Literature”, a JSPS grand-in-aid research project.
The working language will be basically English (without interpretation), but Russian, German, and Japanese may be used occasionally.

For more details, contact the Department of Contemporary Literary Studies