平成21年度 美術史学研究室 大学院・学士入学説明会について 2008年6月18日


本学において美術史を学びたいと希望される方々を対象に、当研究室の教員および大学院生の研究内容を紹介し、美術史学の可能性の一端に触れていただきます。

研究発表の後は、大学院入進学・学士入学希望者を対象とした説明会となります。原則として、研究室のスタッフが入進学者の質疑に直接お答えする唯一の機会となりますので、奮ってご来場下さい。

日時:7月19日(土)午後1時30分から
場所:法文2号館1番大教室

【プログラム(予定)】
13:30~ 開会挨拶
13:45~ 教員および大学院生による研究発表
1. 伊藤拓真(博士課程大学院生)
「マーゾ・フィニグエッラと15世紀フィレンツェの素描文化」
2. 佐藤康宏教授
「若冲・蕭白とそうでないもの」
3. 小佐野重利教授
「1880年代におけるイタリア人写真家ファルサーリの活動と来日アメリカ人画家ウォレス」
15:45~ 休憩
16:00~ 入学・進学についての説明と質疑応答
17:00 終了予定

【連絡先:東京大学大学院人文社会系研究科美術史学研究室 Tel.03-5841-3800】