英文研究室・現代文芸論研究室よりシンポジウムのお知らせ 2008年5月16日


シンポジウム:「マーガレット・アトウッド」

日時:2008年6月6日(金), 17:30 - 20:00
場所:東京大学本郷キャンパス 法文2号館1番大教室
講師:
Steve Clark スティーブ・クラーク (Visiting Professor, The University of Tokyo) (東京大学 客員教授)
Atwood as Public Intellectual: Multicultural Debate in Two Solicitudes
国民的知識人としてのアトウッド多文化討議:『二人の心配事』(in English)

Tristanne Connollyトリスタン・コノリー (Assistant Professor, University of Waterloo; Visiting Scholar, The University of Tokyo)(ウォータールー大学 准教授/東京大学 客員研究員)
"My home ground, foreign territory": Madness, Mutation and Identity in Surfacing
『浮かび上がる』にみる郷土・異郷・狂気・変身・自己認識 (in English)

Ayako Sato 佐藤アヤ子(Professor, Meiji Gakuin University;Vice-president, Canadian Literary Society of Japan)(明治学院大学教授 日本カナダ文学会副会長)
Female “Dédoublement” in Alias Grace and The Robber Bride
『またの名をグレイス』、『寝盗る女』にみる女の中の“人格の分立”(in Japanese)

※入場料・参加予約は不要です
※詳細についてはatwood.symposium@hotmail.com(英語)、eng@l.u-tokyo.ac.jp(日本語・英語)にお問い合わせください。

共催:カナダ大使館、東京大学文学部英語英米文学研究室、東京大学文学部現代文芸論研究室
後援:日本カナダ文学会、(株)岩波書店、(株)彩流社