現代文芸論研究室・日本文学出版交流センター共催 トム・マシュラー講演会・シンポジウム「世界文学はこうしてつくられる」のお知らせ 2008年2月19日


来る3月20日(木・祝)、13人のノーベル賞受賞作家を世に送り出したイギリス出版界のカリスマ、トム・マシュラーによる講演、さらにジェイ・ルービン(近代日本文学)、柴田元幸(英米文学)をまじえたシンポジウムが行われます。
貴重な話を聴くまたとない機会です。ご興味のある方は是非ふるってご参加ください。
予約制となっていますので、詳細を確認の上、NPO法人 日本文学出版交流センターまでお申し込み願います。

日時:2008年3月20(木・祝)/14時~16時30分(開場:13時30分)
場所:東京大学本郷キャンパス法文2号館2階1大教室【要予約・定員220名】

満員のため締め切りました。

<第1部 14時~14時45分>
トム・マシュラー講演「わたしが出会った作家たち」
<第2部 15時~16時30分>
シンポジウム「世界文学はこうしてつくられる」
パネリスト:トム・マシュラー、ジェイ・ルービン、柴田元幸

総合司会:沼野充義

※入場無料ですが、予約が必要です。
※講演・シンポジウムには同時通訳がつきますが、レシーバーの数に限りがありますこと、ご了承ねがいます。

詳細はNPO法人 日本文学出版交流センター(http://www.jlpp.jp/)および現代文芸論研究室のホームページをご覧ください。