ミハエル・ハイデルベルガー教授講演会のお知らせ(10月23日開催) 2007年10月12日


講演者:Michael Heidelberger(Tübingen大学教授)
司会:一ノ瀬正樹(東京大学)

日時:2007年10月23日(火) 17:00~19:00
講演タイトル:Lifeless objects and living beings:
chances for a neo-Aristotelian approach?
会場: 哲学研究室(本郷キャンパス法文2号館2階)
使用言語:英語(通訳無)

主催:東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」
共催:哲学研究室、哲学会

どなたでもご自由に参加いただけます。
申し込み不要・無料

お問い合わせ
東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」
Tel: 03-5841-3736
E-mail: dals-coe@l.u-tokyo.ac.jp

------------------------------------------------
チュービンゲン大学のミハエル・ハイデルベルガー教授は、
科学哲学、因果論、確率論、心理学者フェヒナーの研究などで
著名な哲学者です。
今回は、生命概念についての根源的な問いをめぐってお話頂きます。
主な著書:Nature from Within: Gustav Theodor Fechner's Psychophysical
Worldview, University of Pittsburgh Press, 2004, History of Philosophy
of Science: New Trends and Perspectives, (= Vienna Circle Institute
Yearbook, Band 9), Dordrecht: Kluwer Academic Publishers 2002, The
Probabilistic Revolution, Bd. 1: Ideas in History, MIT Press/ Bradford
Books 1987など。