ワークショップ《生の哲学の彼方 ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』再読》のお知らせ 2007年10月5日


日時:2007年10月18日(木) 10:00〜18:00
会場:東京大学本郷キャンパス 法文二号館教員談話室
使用言語:フランス語(発表内容の日本語訳配布、質疑応答通訳あり)
どなたでもご自由に参加いただけます(無料)。
事前のお申し込み等は不要です。

共催:東京大学グローバルCOE「死生学の展開と組織化」、ベルクソン『創造的進化』刊行百周年記念国際シンポジウム実行委員会
後援:在日フランス大使館、ベルクソン哲学研究会

プログラム
開会式(10:00-10:30)
第一セッション(10:30-12:10) 司会:鈴木泉(東京大学)
研究発表 杉村靖彦(京都大学)、岩田文昭(大阪教育大学)
レスポンス フレデリック・ヴォルムス(リール第三大学)
第二セッション(14:00-15:00)司会:塚本昌則(東京大学)
研究発表 瀧一郎(大阪教育大学)
レスポンス アルノー・フランソワ(リール第三大学)
第三セッション(15:20-17:00)司会:杉山直樹(学習院大学)
研究発表 鶴岡賀雄(東京大学)、中村弓子(お茶の水大学)
レスポンス ジャン=クリストフ・ゴダール(ポワチエ大学)
全体討議(17:00-18:00)司会:安孫子信(法政大学)

お問い合わせ:グローバルCOE「死生学の展開と組織化」
Tel:03(5841)3736
Email:tsuruoka@l.u-tokyo.ac.jp