現代文芸論研究室主催のシンポジウムのお知らせ 2007年7月9日


亀山郁夫新訳『カラマーゾフの兄弟』(光文社古典新訳文庫)完結記念シンポジウム

ヴィヴァ! カラマーゾフ
― ロシア文学の古典新訳を考える ―

日時:2007年7月22日(日)/午後2時~5時(開場1時半)
場所:東京大学文学部(本郷キャンパス)
法文2号館2階1番大教室(定員220名)


― プログラム ―

<第1部>2時~3時40分 ロシア文学古典新訳を語る――翻訳家大集合(パネルディスカッション)
<第2部>4時~5時 徹底討議――ここがすごい、『カラマーゾフの兄弟』


主催:東京大学文学部現代文芸論研究室 後援:光文社

<詳細・お問い合わせ>
現代文芸論研究室
電話・Fax:03-5841-7955
E-mail:genbun@l.u-tokyo.ac.jp