国際ミニ・シンポジウム「聖なるイメージ:彼岸とのコミニュケーションの手段として」 2006年12月6日


日時 2006年12月16日(土)13:30~17:00
場所 東京大学法文2号館 一番大教室
主催 DALS
(東京大学21世紀COE「生命の文化・
価値をめぐる死生学の構築」)
共催 美術史研究室
(東京大学大学院 人文社会系研究科)

講演者:
ゲアハルト・ヴォルフ
(フィレンツェ・ドイツ美術史学研究所長)
奥 健夫
(文化庁文化財調査官)

司会・コメント:
秋山 聰
(東京大学大学院人文社会系研究科・美術史学)

■ どなたでもご自由に参加いただけます(無料)。
事前のお申し込み等は不要です。
■ 使用言語=英語および日本語
■ 一部同時通訳が付きます。*


プログラム

第1部 13時30分~15時30分
挨拶 小佐野重利教授
講演1 ゲアハルト・ヴォルフ教授
「聖遺物、聖像、聖地
―13~17世紀のキリスト教文化における
生と死、天と地とのコンタクト・ゾーン」*
講演2 奥健夫
「仏像と人体」
講演者による意見交換

休憩

第2部 15時50分~17時00分
コメント 秋山 聰助教授
パネル・ディスカッション