文化資源学フォーラムのお知らせ 2006年2月3日


第5回 文化資源学フォーラム
「廃校の可能性 ―芸術創造の拠点として―」

2006年3月2日(木) 13時~16時30分
於:東京大学法文2号館2階1番大教室 (東京都文京区本郷7-3-1)
(キャンパスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html)
(アクセスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html)
Homepage:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum.html

入場無料・参加申込不要
主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室
日本学術振興会平成17年度人文・社会科学振興プロジェクト
「日本の文化政策とミュージアムの未来」
後援:文化資源学会
企画・運営:東京大学大学院文化資源学研究室
演習「文化資源学フォーラムの企画と実践」履修生

【開催趣旨】
東京大学文化資源学研究室は2001年度から毎年「文化資源学フォーラム」を開催し、見過ごされがちな情報を、多様な観点から「文化資源」として評価し直し、社会に還元する方法を研究してきました。
本年度は、芸術創造の拠点として甦った「廃校」の事例に着目します。近年、少子高齢化を背景に全国各地で多くの廃校が発生し、福祉サービスの提供やNPO活動・新規事業支援など、実に多様な転用が試みられています。芸術文化活動を支援する場として公立文化施設は十分に整備されてきたはずですが、何故「廃校」なのか。これまでの芸術文化政策の問題点を検証します。
本フォーラムでは具体的な活用事例の検討と、学内外からの参加者による討議を通して「廃校」の可能性を明らかにすることを目指します。

【プログラム】 (敬称略)
13:00~13:05
開会挨拶 小林真理
(東京大学人文社会系研究科助教授)
13:05~13:25
趣旨説明・調査報告「全国廃校の文化事業活用例」
東京大学文化資源学研究室
演習「文化資源学フォーラムの企画と実践」履修生
13:25~14:05
活用事例報告:「にしすがも創造舎」
蓮池奈緒子
(NPO法人アートネットワーク・ジャパン事務局長)
14:05~14:45
活用事例報告:「京都芸術センター」
南正博
((財)京都市芸術文化協会専務理事)

〈—休憩15分—〉

15:00~16:30
総合討議
司会:坪池栄子((株)文化科学研究所プロデューサー)
討論者:蓮池奈緒子
南正博
木下直之(東京大学人文社会系研究科教授)

※詳細につきましては下記ホームページをご参照ください。

【お問合せ】
Homepage:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum.html
E-mail:cr_forum@l.u-tokyo.ac.jp(担当: 佐藤)