べてるが東大にやってくる、「べてるに学ぶ」シンポジウム(COE死生学)のお知らせ 2004年10月4日


公開シンポジウム「べてるに学ぶ -《おりていく》生き方」

べてるが東大にやってくる!

11月5日(金) 13:00-15:30
東京大学医学部 鉄門講堂
入場無料、定員260名まで、自由に参加できます

東大生はべてるの人たちの対極にあるのだろうか? それとも東大生とべてるの人たちのちがいは、紙一重だろうか?

「昇っていく」生き方をやめた人たちから学ぶ、「降りていく」生き方。

べてる関係者7名に加え、市野川容孝(東大助教授)・田口ランディ(作家)をパネリストに、COE死生学プロジェクトが贈る、死ぬまでは生きていく人たちのための「脱力系」シンポジウム。(司会、上野千鶴子、東大)

「べてるの家」説明文:「浦河べてるの家」は精神障害をかかえた人たちの有限会社・福祉法人。「おりていく生き方」を理念に「幻覚&妄想大会」などを開催。そのユニークさで第一回精神医療奨励賞などつぎつぎゲット。事業も順調で年商1億円、過疎対策面でも注目株。