一番下へ

Home > 利用案内 > 文学部をホームライブラリにする人用 > 海外文献

海外文献

海外文献の取り寄せ

日本国内にない文献は、海外に現物貸借や文献複写を依頼することができます。
ただし、海外への依頼は、時間と費用がかなりかかります。
また、途中キャンセルが出来ない事もありますのでその点はご注意ください。

依頼申込

まずは海外での所蔵を所蔵館のOPACや冊子目録等でご確認ください。
(所蔵館は、海外文献確認リンクなどでお調べください)

所蔵館のOPACや所蔵典拠のコピーをお持ちのうえ、3号館図書室カウンターでお申し込みください。
なお、実際の依頼先は、お調べいただいた所蔵館以外の図書館に依頼することもあります。
(MyOPACからは申し込みできません)

複写で依頼申込しても、現物貸借で送られてくる場合があります。また、紙以外(マイクロフィルム等)で到着する場合もあります。

海外の学位論文について

アメリカ、イギリス、フランスの学位論文は、日本の雄松堂書店で扱っていますので、直接個人でお申し込みください。
また、イギリスの学位論文は、EThOS(Electronic Theses Online System)からも入手可能です。

アメリカ、イギリス、フランス以外や、上記で入手できなかった学位論文は、文学部図書室で受付いたします。

所要日数

おおむね1ヶ月から4ヶ月ぐらいですが、申込先や申込時期、各国の郵便事情、資料の種類によって異なります。

過去の事例

  1. ロシア
    文献複写(マイクロフィルム)
    1/24依頼→10/11到着
    国際返信切手券(IRC)@150円×32枚 先払い
  2. ドイツ
    現物貸借
    4/13依頼→5/15到着
    銀行口座海外送金5,000円+3,400円分の切手
  3. フランス
    文献複写
    7/14依頼→11/20到着
    クレジットカード支払い 94ユーロ
  4. トルコ
    文献複写
    8/8依頼→10/13到着
    小切手海外送金15,000円 先払い
  5. ベルギー
    現物貸借
    9/5依頼→10/13到着
    国際返信切手券(IRC)@150円×25枚+1,500円分の切手
  6. アメリカ
    文献複写
    9/29依頼→10/5到着
    日本の代理店へ支払い 3,800円

費用の支払い

銀行口座への国際送金や小切手、国際返信切手券(IRC)、日本国内代理店への支払いなど、相手館の指定した方法に従っていただきます。それぞれ、請求額の他にかなりの手数料がかかります。また、先払いを要求される場合もあります。現物貸借の場合は、相手館からの請求に加え、返送料金を切手で負担していただきます。

公費での支払いはできません。ただし、British Libraryや国際ILLに参加しているアメリカ(GIF)・韓国(KERIS)の大学図書館は、常勤教員の方のみ公費が利用できます。

東京大学文学部・大学院人文社会系研究科 文学部図書室

一番上へ