教 員

 梶原 三恵子 准教授
 
専門分野
サンスクリット文献学を専門とする。
 古代インドにおいて約一千年にわたって成立したヴェーダ文献を主資料として、各種の古代インド家庭儀礼の構造と発展を研究することによって、インド文明史の源流の一端を明らかにすることをめざしている。家庭儀礼の範疇に属する諸儀礼は、資料がヴェーダ新層からポスト・ヴェーダ時代の文献に集中しているが、これらを詳細に解析記述する作業を積み重ねるとともに、ヴェーダ初期および中期の文献に散見される断片的資料をも掘り起こすことによって、古代インドにおける諸家庭儀礼の原型とその発達・変遷をたどる。一方で、現代インドで行われている家庭儀礼の実態に注意を払い、古代ヴェーダ家庭儀礼との連続性および非連続性についても考察する。当面の研究課題はヴェーダ期の入門と学習に関連する諸儀礼である。入門・学習儀礼はヴェーダ文献の伝承と深く関わるものであり、これらを研究することで、ヴェーダの生成と伝承というインド学の大きなテーマに新たな光をあてることをもめざす。 
主要研究業績
  • "The `grhya' Formulas in Paippalada-Samhita 20."
    ZINBUN: Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University, No. 42, pp. 39-62, 2011.
  • "On the Grhyasutra of the Vadhula School."
    Journal of Indological Studies, Nos. 20/21, pp. 25-42, 2009.
  • "The Upanayana and Marriage in the Atharvaveda."
    The Vedas. Texts, Language & Ritual (ed. A.Griffiths and J.E.M.Houben), Groningen, pp. 417-431, 2004.
  • 「ヴェーダ入門儀礼の二つの相−通過儀礼と学習儀礼−」
    『佛教学セミナー』78, pp. 1-20, 2003.
リンク
   梶原研究室HP  /   サンスクリット語HP
 河ア 豊 助教
 
専門分野

中期インド諸語あるいはサンスクリットでジャイナ教徒が著した古典作品群を主たる資料として、ジャイナ教出家修行者の戒律・修行実践の展開と変遷とを解明することを研究課題とする。近年における主なテーマは以下の通りである:(1)修行実践に関する研究の一環として、一世紀から二世紀頃にジャイナ教ヤーパニーヤ派のシヴァーリヤが著したとされる、ジャイナ教史上最古にして最大の断食死マニュアル『バガヴァティー・アーラーダナー』の古写本収集と原典の再校訂および訳注研究を軸とした、同文献の総合的研究を二〇〇九年より継続している。(2)戒律研究については、ジャイナ教出家修行者が遵守せねばならない基本的な五つの禁戒(ヴラタ)、つまり不殺生・不偸盗・不妄語・不淫・無所有の各ヴラタが各時代においてどのように理解され実践されてきたかを検証してきた。就中、五世紀頃に著されたジャイナ教綱要書『タットヴァールタスートラ』に対し白衣派と空衣派の両派が残してきた諸注釈における各ヴラタの解釈を検証することを通じ、ジャイナ教における戒律解釈の展開と変遷とを解明すべく研究を進めている。

主要研究業績
  • 「飢えと屍肉 ― 何のための食事か―」『印度民俗研究』第15号, pp.3-20, 2016.
  • "List of Corresponding Verses and Passages of the Bhagavatī Ārādhanā." Journal of Jaina Studies Vol.21, pp.15-64, 2015.
  • 「Haribhadraの偸盗批判」『印度学仏教学研究』第63巻1号, pp.319-314, 2014.
  • "Interpretations of adattādāna in Jainism."『印度学仏教学研究』第62巻3号, pp.1113-1118, 2014.



トップページへ戻る