東京大学大学院人文社会系研究科・文学部

留学生作文集

ぎんなん       第28号

2014年4月28日 更新


   ぎんなんマーク ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イラストレーター  上原 嘉幸

Ⅰ口頭表現・日本事情クラス 口頭表現A
ロリータ・ファッション  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ホアン ルイーザ 2
  湖南省への旅 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・付 晨晨
    中国の環境問題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田  琳 
  口頭表現B
    紹介したい本 ウラジーミル・ナボコフ著『ロリータ』 ・・・・・・・・・・・盧  ユニア 
    東日本大震災 ―― 立ち直らせる力  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・柯 勝釗
    東日本大震災について考えさせられたこと ・・・・・・・・・・チョン セレナ
    大震災についての感想 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・陳 艾文 
    震災を通じて感じたメディア報道への疑問 ・・・・・・・・・・盧  ユニア
    私の故郷 雲南省滇池(テン池)の紹介 ・・・・・・・・・・・・・・・・翟 一達
  現代芸術の発信地である台北当代芸術館 ・・・・・・・・・・・陳 艾文
    私の故郷:北京 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・張  憶
    賛否を述べる 留学生の永住権に関する京都の提案について ・・・・・・・・・郭  璇 
    秋入学についての賛否 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・付 晨晨
同性婚の合法化に関する考え ・・・・・・・・・・・・・・・・張  憶
    私の専門・研究 岩倉使節団とスイス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・サンチ シモン
集団についての社会心理学的研究から ・・・・・・・・・・・・翟 一達
 
日本事情 日本の新年 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・謝 威徳
芸能の継承について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・王 俊淇
Ⅱ漢字学習・読解クラス 漢字学習Ⅰ・読解Ⅰ 私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン
    今年の漢字 私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・・松浦 キャサリン 私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン
私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン 私にとっての今年の漢字「決」 ・・・・・・・・・・・・ド ブロー オローラ私にとっての今年(2013年)の漢字「省」 ・・・・・・・・・松浦 キャサリン
私にとっての今年の漢字「音」  ・・・・・・・・・・・・・・イゼリ ロマン
    私にとっての今年の漢字「夢」 ・・・・・・・・・・・・・・・謝 威德
    私にとっての今年の漢字「新」 ・・・・・・・・・・・・・・・陳 鳳嬌
  読解Ⅱ 
  ポップカルチャー 多元性を持つ「越境する文化」 ・・・・・・・・・・・・・・・曹 有敬
越境するテレノベラ ―― 移民が見た祖国のドラマ  ・・・・・・ソリス ヘスース
    中国の「8090後」の若者が見る外国のドラマ ・・・・・・・・陳  佳
グローバライゼーションにおけるローカル文化に関して ・・・・黄 天祥
時代に応じた文化を ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・柯 勝釗
    国際共通語 二言語併用主義について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・王 俊淇
言語と民族・国家との葛藤 ・・・・・・・・・・・・・・・・・簡 秀文
    エスペラント語は国際共通語と呼べるだろうか ・・・・・・・・マー シャオルー
    個性と学び 中国の作文教育から考えること ・・・・・・・・・・・・・・・李 慧文
    ほめることの大切さ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・魏 銀京
    一流の人材を育成するために ・・・・・・・・・・・・・・・・簡 秀文
読解Ⅲ
「めくらやなぎと、眠る女」の感想文 ・・・・・・・・・・・・郭  雪
    「めくらやなぎと、眠る女」感想 ・・・・・・・・・・・・・・金 慧珍
「夢十夜」の感想 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・王 神鈞
    「夢十夜」の第七夜に関する感想 ・・・・・・・・・・・・・・秦 啓蘭
「夢十夜」の感想 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・張 惠媛
    「夢十夜」感想文 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 瀟虓
「風立ちぬ」の感想 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・頼 思妤
『銀河鉄道の夜』感想文 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・黄 天祥
    『銀河鉄道の夜』感想 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鍾 昌祐
  読解Ⅳ
    日本語と外国語 違う視点から世界を見る ・・・・・・・・・・・・・・・・・・戴 瀟虓
    認識を支配する文化の力 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・朴 炳道
    言語と文化的背景の関係 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・曹 有敬
    言葉と文化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・劉 宝佳
  異文化における概念の違い ・・・・・・・・・・・・・・・・・頼 思妤
 Ⅲ文章表現クラス 文章表現Ⅰ
    私の国の人物 劉 翔 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・崔 光紅
    孫 文 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・陳 健成
    タクシン・チナワット ・・・・・・・・・・・・・プームパット ウドムスワンナクン
  ロジャー・フェデラー ・・・・・・・・・・・・・・・・ド ブロー オローラ
    私の国の事物 中国の白酒 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・陳 鳳嬌
チーズ・フォンデュ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イゼリ ロマン
    キムジャン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・魏 銀京
  文章表現Ⅱ
    流行語 香港特有の流行語、「潮語」 ・・・・・・・・・・・・・・・・蕭 紀媛
    年末の「字と語」から台湾と日本を見る ・・・・・・・・・・・鍾 昌祐
    安寧ですか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・韓 惠善
    中国の2013年の流行語 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・劉 宝佳
  文章表現Ⅲ
    日本人はなぜ富士山が好きか 
     日本の象徴 ―― 富士山 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・郭  雪
    日本人が描いた富士山 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秦 啓蘭
    見えない富士山から見える日本人の美意識 ・・・・・・・・・・  佳
    お伊勢参り お伊勢参り ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スミルノフ パベル
お伊勢参りからパックツアーまで ―― 日本人の旅観  ・・・・・チョン セレナ
    日本人の旅観 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・張 茹涵
    ことばの力学 個人にとっての言語の美しさ ・・・・・・・・・・・・・・・・サンチ シモン
    現代における書き言葉 現代における書き言葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・王 神鈞
    韓国の書き言葉の現状 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金 慧珍
    書き言葉の衰退と社会変動 ・・・・・・・・・・・・・・・・・張 惠媛
    現代における書き言葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・スミルノフ パベル
    日本語の一人称 日本語の一人称 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・張 茹涵
  「私」、「私たち」と個人性  ・・・・・・・・・・・・・・ペルシチ マルコス
    「私」の不在による私の不在 ・・・・・・・・・・・・・・・・劉  佳
    日本語の特徴 中国語の間接受身について ・・・・・・・・・・・・・・・・・楊  潔
    謎だらけの日本語 人間関係から見る日本人の性格・・・・・・・・・・・・・・・・夏  雨
    日本人の創造力と言葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・陳  佳
    中国のインターネット新語 ・・・・・・・・・・・・・・・・・楊  潔
    現代の夫婦 結婚しない、結婚できない・・・・・・・・・・・・・・・・・・韓 惠善
    地方にこもる若者たち 21世紀の若者 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッセン ボタゴズ
    日本人の世代 世代断層の要因 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・夏  雨
    日本とカザフスタンの世代 ・・・・・・・・・・・・・・・ウッセン ボタゴズ
 Ⅳ研究計画書・小論文 研究計画書 高行健の作品における逃亡主題 ・・・・・・・・・・・・・・・田  琳
  小論文 民族浄化による特殊な犠牲者 ―― レイプされた女性たち  ・・・・寧 セイ
    中国都市部の一人っ子家庭の老人扶養の概況 ・・・・・・・・欧陽 静雅
    永遠無窮の平和親睦 ―― 日墨経済関係とTPP ――  ・・・・ソリス ヘスース
    荀子の「性悪説」についての一考察 ・・・・・・・・・・・・・郭  璇
    革命前夜の日本への「清国留学生」について ・・・・・・・・・周 嘉寧
  教師の声 教師の声