文章表現Ⅰクラス  私の国の人物

シルビオ・ベルルスコーニ

 

美術史学  ファナスカ マルタ(イタリア)

 

シルビオ・ベルルスコーニはイタリアの政治家であり、実業家である。ベルルスコーニはIl Cavaliere (イル・カヴァリエレ)と呼ばれている。このニックネームは仕事の成果によってつけられたものである。

ベルルスコーニは1994年にイタリアの政界に入り、1994年、 2005年、 2008年、 2011年と、4回イタリアの首相を務めた。この経歴だけを見ると、ベルルスコーニはとても偉い人物だと思われるが、実際は彼には光と影の人物だ。

彼は、数多くのスキャンダルに巻き込まれ、20回も裁判にかけられた。有罪判決が下されたのは1回だけだったが、「タンジェントポリ」の裁判では、マフィアと結託したと思われた。また、2011年には未成年の女性と関係があったと思われ、今でもまだこの裁判は続いている。

欧州では、ベルルスコーニは態度の悪い人物としてよく知られている。例えば、公式会議中に大声でオバマ大統領を呼んだり、また公式写真を撮るときに前の人の頭に手で角をつくって、いたずらしたりしたためである。彼のせいでイタリア人の悪いイメージが広まってしまった。

私の意見を述べれば、ベルルスコーニは、ビジネスに関してはよくできる人である。しかし、政治家としては全く評価できない。