口頭表現Aクラス  自由テーマによるスピーチ

日本で驚いたこと

 

                          現代文芸論  マリア・ホビ(フィンランド)

 

 去年の九月、私は初めて日本に来ました。留学生活を始めたとき、東京で知り合い

は一人しかいなくて、様々な困ったことがありました。道に迷ったり、各駅
の代わりに

急行電車に乗ってしまって、自分の降りる駅を過ぎたこともあります。
また、箸を使っ

麵類をちゃんと食べることができなくて、まるで子供みたいで情けなかったです。

 しかし、日本では驚いたこともたくさんありました。その中で一番驚いたのは、犯罪

が少ないことだと思います。日本のカフェで、荷物を席に置いたまま店頭に
行ってしま

ったことがあります。しかし、席に戻って来たら、荷物も、その中身
もそのまま残ってい

ました。

 また、イギリスでは夜中、一人で家に着いたら、まず後ろを見て、右や左もよく注意し

て見て、その後できれば、上も見たほうがいいかもしれません。しかし、
日本で、特に

夏が来たら、注意して見なければならないのは下です。理由は、東
京で夜、一番怖い

のはゴキブリだからです。

 安全性以外にも、日本の清潔さは素敵ですね。最初はレストランで出される不思議

なビニールに包まれたものが何だか分かりませんでした。あとで、それが「お
しぼり」だ

と分かったのですが、このような湿ったタオルみたいな素敵で便利な
ものが、ヨーロッ

パにはないので、本当に残念です。

 ただ、ヨーロッパのレストランでは湿ったタオルは出てきませんが、トイレには乾いた

タオルが用意してあります。けれども、日本のお手洗いで乾いたタオル
を見ることはめ

ったにありません。結局どこの国でも、そこになくて恋しいと思
うものはありますよね。

やっと日本の習慣に慣れてきましたが、今すぐ帰国した
ら、きっと新しい逆のカルチャ

ーショックを受けるでしょう。毎日驚くことがあ
ったら、生活は絶対に退屈になりません

から、留学できて本当によかったと思っ
ています。