読解Uクラス  国際共通語
 

日本人の英語学習

 

法学  チャン ルー マン(マレーシア)

 

英語が国際語として適当かどうかを論じている場合ではない。なぜなら世の中の人

々がすでに英語を国際語として使っているからだ。今日、日本が必要としているのは、

国際化に伴う「日本人は世界に名だたる英語下手」という印象を変えていくことだろう。

その際、よく言及されるのは英語教育システムの再検討や教師の質の改善である。し

かし、そもそも日本の英語教育に関する問題は英語教育システムだけにあるわけでは

ない。 

 日本人は英語を話す際、自分の英語の使い方の間違いを気にかけすぎると思う。

の結果、英語の習得は難しいと思い込んで、外国人と英語で話すことをできるだけ避

けたがるようになる。したがって、まず、最も重要なのはそのような態度を変えていくこ

とだろうと思われる。

日本人に自覚してほしいのは、目の前にある問題に対しどう直面すべきか、である。

英語で交流する機会があれば、母語話者のような発音とか、正しい文法とかをあまり

気にせずに、勇気を持って英語で交流してほしい。確かに、母語話者のように英語を

話すことを目指すのは良いが、大切な第一歩を踏み出さなければ、言語の習得はでき

ない。英語のコミュニケーションで大切なのは、自分の考えを相手に正しく伝える能力

なのである。 

 もう一つの問題は、TOEFLやGREやTOEICといった英語資格試験を強調しすぎる

ことである。この考え方の弊害は、いい点数を取るロボットを作り出すばかりで、英語

教育を受けたのにコミュニケーションができないという例が多く見られる。これに対し、

アジアの国々では自国文化を表現する手段として英語を使おうとしている。日本人はこ

の点について、アジアに学ぶべきだと思う。英語で自国の事情、文化、習慣を説明する

ことはこれからの国際社会で欠かせない要素である。英語でのコミュニケーションへの

抵抗を捨て、日本人の英語観を徐々に改善していけば、英語で自己表現できるように

なるだろう。さらに、英語学習に対する考え方を変えると、第二外国語の習得も夢では

なくなる。

以上述べたことは私の個人的見解であるが、日本人の英語学習に対する解決策

一助になるだろう。