「社会主義体制下のコミックス」 馴致されながらも、繁栄したチェコのコミックス 2017年10月16日開催


パヴェル・コジーネク氏講演会

 

社会主義体制下のコミックス
馴致されながらも、繁栄したチェコのコミックス

 

日時 2017年10月16日(月) 17時〜19時

会場 法文1号館314教室(東京大学本郷キャンパス)

 

講演者 パヴェル・コジーネク Pavel Kořínek(チェコ科学アカデミー・チェコ文学研究所研究員)

通訳 ペトル・ホリー、司会 阿部 賢一(東京大学)

 

 

 

 

 

 

 

**********[概要]**********

 1968‐1989年の正常化の時代は、チェコのコミックスにとって逆説的な時代となっている。コミックスは厳しい統制下に置かれ、検閲を受け、規模やジャンルの点で制限を受けていたにもかかわらず、子ども向けの作品は発展し、特筆に値するクオリティを残している。本講演では、正常化期におけるコミックスの風景(ブルデューの表現を用いると、「場」)の概観を試み、体制の状況や作品の傾向に触れつつ、基本的な発表媒体、種別、そしてまた独創的な作家たちを紹介する。コミックスのなかでは(ややマイナーな位置を占める)地下出版や亡命出版にも触れる予定である。

 


主催 東京大学人文社会系研究科現代文芸論研究室、科学研究費・基盤研究(B)「東欧文学の多言語的トポスをめぐる研究」(J研究代表 井上 暁子)

 

詳細 現代文芸論研究室http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/