英語英米文学研究室

東京大学

キャンパスライフ

シラバス

■東京大学授業カタログ
 http://catalog.he.u-tokyo.ac.jp

プロジェクト

  • ■初期近代英国演劇における未亡人の表象についての研究
  • ■W. B. Yeats における身体表象に関する研究
  • ■19世紀末から20世紀初頭にかけての英国伝記文学と心理学の関係性
  • ■ジェイムズ・ジョイスを中心としたモダニズム小説における心理の方法
  • ■朗読音声の音符化による英詩韻律の基礎研究
  • ■アメリカ南部女性文学にみる南部性・女性性の研究
  • ■19世紀アメリカの文学市場における大衆文化と『純』文学
  • ■William Carlos Williamsの詩におけるエコロジー的性格
  • ■空所を含む名詞修飾節の統語と意味研究
  • ■日本語児の比較構文の獲得
  • ■疑問詞「どちら」と“where”とに共通する用法について

etc.

研究紀要

『リーディング』

『リーディング』は英語英米文学研究室の、主にイギリス文学を専攻する院生によって構成された英文学研究会が毎年刊行する紀要です。1981年1月に創刊された歴史ある学術雑誌であり、現在活躍する卒業生たちの多くもまた、本紀要への投稿をその研究の大きな礎としてきました。刊行に際しては、専門の委員による査読も行われ、それが大きな特徴となっています。年に一回、10月頃に刊行され、文学部二号館図書室などに所蔵されているほか、2011年度からは電子公開を行なっており、東京大学学術機関レポジトリ(UT Repository)のホームページから閲 覧することができます。

東京大学学術機関(UT Repository)
https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?page_id=38

『ストラータ』

『ストラータ』は英語英米文学研究室の、主にアメリカ文学を先行する院生によって年に一回発行されている同人誌です。扱う作家・作品および方法論等は各執筆者が自身の関心に合わせて選択するため、毎号様々な議論が展開されています。2011年度に第25号を数えた『ストラータ』は、専門の異なる学生がお互いの研究に触れる機会であると同時に、卒業生や他大学にも発送することで議論を外に開き、さらなる発展を目指す場として、現在教育現場に携わる多くの卒業生の研究にとって重要な基礎となってきました。投稿された原稿は、専門の委員による査読を経て毎年12月頃に刊行されており、文学部二号館図書室や東京大学学術機関(UT Repository)のホームページで閲覧することができます。

東京大学学術機関(UT Repository)
https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?page_id=38

『Linguistic Research』

東京大学英語学研究会のホームページ:
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~eng/UTELA/index.html

東京大学英語学研究会は、東京大学大学院人文科学研究科英語英米文学専攻に在籍していたもの、ならびに、東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻広域英語圏言語文化コース英語英米文学専門分野に在籍し英語学を専修するもの、同専門分野に在籍し英語学を専修していたもの、およびその指導教官を主たる会員とする研究組織です。年次総会および研究発表会、特別講演会、コロキアム研究会を開催するとともに、機関誌 Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics を刊行 しています。

図書の利用法

英文図書の利用について

1.検索の方法

東京大学オンライン蔵書目録データベース(OPAC)を利用
① 検索の結果、所在場所欄に「文・英文」とあるものが英文図書です。
② また、請求記号冒頭に「3号館」とある場合、3号館図書室(3号館B1F)にあること を意味します。(※英文研究室所在ではありません。)冒頭に何も記載されていない場合のみ、英文研究室(辞書室もしくは研究室内)にあります。
③請求記号の見方

[ジャンル番号:作家・著者名等:登録番号]
ジャンル番号
1.辞書・参考図書 2.語学 3.文学史 4.作家の作品 5.作家評伝 6.一般批評書
7.歴史・地理 8.アンソロジー 9.聖書・外国文学 10.定期刊行物 和.和書

例:
Browne, Thomas. Religio Medici; Christian Morals; A Letter to a Friend
→「文・英文 3号館 4:Browne:3(1)」
→3号館に所蔵
(ed.) Rignall, John. Oxford Reader’s Companion to George Eliot
→「文・英文 1:Eliot,G:1」
→英文研究室(辞書室)に所蔵

2.貸し出しについて

①3号館図書室所蔵の図書について
文学部図書室のホームページを参照して下さい。
②研究室所蔵の図書について(主に辞書・参考図書・文庫コレクション類)
→基本的に貸し出しは行いません。閲覧は可能です。
詳しくは英文研究室にお問合せください。

3.雑誌の検索・利用について

①雑誌類の検索も、東京大学オンライン蔵書目録データベース(OPAC)を利用します。
②検索の結果、所在欄に「文・図」とある場合は、2号館図書館(2号館4F)に収められています。貸し出し等の利用については、文学部図書室のホームページを参照して下さい。
③検索の結果、所在欄に「文・英文」とある場合のみ、英文研究室にあります。(主に新刊雑誌を所蔵)基本的に貸し出しは行いません。閲覧可。