HOME 意思決定プロセス 従来の考え方

パート1臨床倫理の基礎
意思決定プロセス

従来の考え方

医療現場における意思決定プロセスの中心は、治療方針の選択です。これについて日本では現在、
インフォームド・コンセント説明と同意 という捉え方が流布しています(図 1)。


(図1)

この捉え方によれば、意思決定のプロセスの骨子は、

(a)医療者(主として医師)は、患者に現状と治療の可能性について説明をする
(b)患者はそれを理解した上で、医師が薦める治療方針に対して同意する、あるいは複数の選択肢の中から希望するものを選ぶ(治療を拒否するというのも選択肢の一つ)

という二段階からなっています。「インフォームド・コンセント」はこの説明を受けた上での同意のことですが、それは対象となっている治療を患者本人(の身体)に対して行うことについて、患者が医療者に許諾を与えることだと理解されています。

インフォームド・コンセント説明と同意 というプロセスが現場の医療者の頭に刷りこまれてしまっているために、例えば、患者側が、医師が勧める治療を嫌だと言ったりすると、すぐ「ではもう一度説明しましょう」というように話が進む傾向がでてきています。また、この説明内容は医学的情報が中心で、どういう治療をするかは医学的情報だけで決まるかのようなイメージをもたらしています。しかし、患者・家族が医療者が最適と思う選択をしないのは、説明の理解が不十分であるからだとは限りません。また、患者・家族は医学的情報だけでなく、自分の人生の事情や計画をも考えあわせて、どうしたいかを考えているのです。《説明と同意》というプロセス把握では、そういったことへの配慮が行き届かないのです。
定義してみましょう
さらに詳しく
臨床倫理検討シートダウンロードご意見・お問い合わせ
TOP
次の項目へ

これからの考え方

COPYRIGHT (C) XXXXXXXXXXX ALL RIGHTS RESERVED.