《心積りノート》正誤表

ページ, 行 誤  正 説明訂正日
p9, 3行目 ですが、  〔削除〕「ですが」の繰り返しになっている2016.4.6
p11, 3行目 次ページの図を 下図を  2016.4.6
p12, 7行目 延ばしたら  延ばせば 2016.4.6
p12, 8行目 延ばしたら  延ばすのが 2016.4.6
p15, 下から6行目 多いのですが、離れて  多いのです。他方、離れて 2016.4.6
p17, 5-6行目 人生にとって、また本人・・・価値観からすると何がよいかを考え 人生にとって何が良いかを、本人の・・・価値観に基づいて考え 2016.4.6
p17, 6行目 それを大事にすることにより、 〔削除〕 2016.4.6
p22, 7-9行目 すでにステップ2で他人様の・・・
・・・いていく過程のどこかで、・・・
どうするかを検討しましょう。
〔削除〕  2016.4.6
p22,下から7行目 それがより必要な状態になることはあっても、 〔削除〕 このままでも間違いではないが、文が複雑になって分かり難いため 2016.4.6
p22,下から5行目 認知症のある・なし、程度は重要 認知症のある・なし、また程度は重要  2016.4.6
p22,下から2行目からp23,1行目 また、高齢期の生き方において認知症の・・・
るかどうかで区別はしておらず、認知症がある場合、・・・
介護の必要度はより高くなりますので、・・・
〔削除〕 この3行は直前の3行とダブっているため削除 2016.4.6
p23, 6行目 生活は自立していて、壮年期に比べれば衰えていると自覚する部分は・・・ 生活は自立しています。「壮年期に比べれば衰えたな」と感じることは・・・ 2016.4.6
p24, 11行目 いるので、半年以内に いるので、医学的に見れば半年以内に 2016.4.6
p24, 下から3行目 この冊子のp26の記入例を参考にして  次の記入例を参考にして 2016.4.6
p27, 10行目 普通の光景に  普通に 2016.4.6
p28, 下から4行目 自前の鉢で  自作の鉢で 2016.4.6
p30, 5行目 医学的に、また社会の平均的な人生観・価値観からすると、 社会の平均的な人生観・価値観に基づいて医学的に判断する限りでは、 2016.4.6
p30, 9行目 ご家族ともこういう話し合いを通して、共通理解しておく 話し合いを通して、ご家族とも共通理解しておく 2016.4.6
p30, 下から7行目 治そうとする治療をどこまでやるかについて、かんがえます。治癒ないし長生きを目指す治療をどこまでやるかについて、考えます。 2016.4.6
p31, 下から4行目 Bのほうが長生きになるかもしれません)。
→ 春山さんは 
Bのほうが長生きになるかもしれません)。
---------------------------
→ 春山さんは 
「Bのほうが長生きになるかもしれません)。」で「治療法B」の説明は終わっている。
「→ 春山さんは・・・」は、治療法@〜Bを比較検討した結果どうしたかを語っている。
したがってこの二行の間に区切りの線を挿入。
2016.4.6
p31, 下から1行目 手術はしないことにした  手術はしないことにしました。 2016.4.6
p34, 3行目 右側に赤い色がついている部分は、  右側に赤い色がついている帯状の部分は、 2016.4.6
p34, 11行目 かえってマイナスになるので受けないことを かえってマイナスになるので、積極的な治療は受けないことを 2016.4.6
p38, 14行目 《胃ろう*》といって、お腹から胃にごく小さな穴をあけて、チューブを通しておく装置を造って、そこを通して水分や栄養を  《胃ろう》といって、お腹から胃にごく小さな穴をあけて、そこにチューブを通す器具を取り付ける方法があります。そのチューブを通して水分や栄養を 2016.4.6
p41, 14行目 緑や赤で示した客観的には・・・おすすめがある時期でも客観的には・・・お薦めがある緑や赤で示した時期でも 2016.4.6
p41, 下から6行目 栄養補給はやらない時期栄養補給はしない時期 2016.4.6
p44, 4行目 これを参考にして、「記入編」のP7にご自分の場合をご記入ください 〔一行削除〕 2016.4.6
p44, 下から1行目 将来腎不全が進むおそれがある方 将来腎不全がさらに進むおそれがある方 2016.4.6
p46, 下から10〜9行目 本人の人生をより良くする見込みがあることをやってください
あるいは、本人の人生にとって益になることなら、できるだけやってください
「本人の人生をより良くする見込みがあることをやってください」
あるいは、「本人の人生にとって益になることなら、できるだけやってください」
「」を加えて、発言であることを明示する 2016.4.6



・このページへのリンクは自由です。

更新日:6/April/2016

[臨床倫理プロジェクト トップページへ]

臨床倫理プロジェクトに関するお問い合わせは: planningahead.cep@gmail.com
(@は全角文字になってますので、半角にして使ってください)

事務局: 東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター 上廣講座/東京都文京区本郷7-3-1