お知らせ

〔高齢者ケアのページ〕を更新しました。新刊書籍『高齢者ケアと人工栄養を考える』の情報もアップされています。

概要

臨床倫理プロジェクトは、清水哲郎が主宰する90年代後半より続く研究=実践活動です。医療・介護現場の従事者たちが、本人・家族と共によりよいケア活動を行っていくために、個別の問題をどう整理し、理解し、対応していったらよいか、考える臨床倫理の営みを学問的にも批判に耐え、実践的に実用に耐え得るものとしていくための実践的研究=研究的実践(=臨床倫理検討システム開発プロジェクト)に加えて、得られた研究成果を現場に普及していく臨床倫理セミナーや研究会活動を行っています。

本プロジェクトは、これまで科研費や、学術振興会人文・社会科学振興研究事業、東大GCOE「死生学の展開と組織化」、最近では科研費(基盤A)、厚労省老健事業、2012年度後半からはRISTEXと、いろいろな補助金を使って、研究を進めてきています。また、2007年度以来、上廣倫理財団を出捐団体とする寄付講座(今年度から上廣死生学・倫理学講座と改称)を土台にして活動しています。

臨床倫理検討システム開発プロジェクト

本グループの核となる継続的研究事業です。臨床倫理学研究と医療現場における臨床倫理の営みの推進という実践を対にしてすすめる、いわばアクション=リサーチです。

臨床倫理事例検討の進め方の開発と研修カリキュラム作成、本人・家族の意思決定プロセスを支援するツールの開発など行っています。

臨床倫理セミナー・研究会・シンポジウム等

臨床倫理セミナー( 臨床倫理検討シートによる事例検討の研修)を各地でおこなっています。今後は、事例検討のファシリテータ養成、医療・介護機関で臨床倫理の活動を推進するモデレーターないしコーディネーター養成も行います。その他、本プロジェクトが関係するシンポジウム、研究会等の情報はこちらをご参照ください。

研究プロジェクトの研究資金

本プロジェクトは、いろいろな研究費を得て、活動を行っています。研究費と実践的研究活動は密接な関係にあります。

ページTOPへ

  • 臨床倫理検討システム開発プロジェクト
  • 高齢者ケア研究グループ
  • 臨床倫理セミナー研究会・シンポジウム等
  • 研究プロジェクト(経費別)

PDFファイルについて

PDFファイルの閲覧・印刷にはAdobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、下記よりダウンロードして下さい。

Get ADOBE READER