ブックタイトル東京大学文学部

ページ
9/32

このページは 東京大学文学部 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

東京大学文学部

東洋史学研究室専修課程アジア文化東洋史学(アジア史)のおもしろさ、それはアジア社会がもつヴァイタリティー、それと表裏の急激な社会変化、そして今後の世界を変えていく可能性です。アジアの魅力は、アジア社会に一歩でも足を踏み入れたものならば、だれでも感じることができるはずです。喧騒と色彩と匂いのあふれる街路、水と光と草原と雪と日差しの極限から極限までのスペクトル、伝統と現代との整理のつかない混雑…。そのいずれもが、人をアジア社会に引き寄せ、好奇心をあおり、不安感を増幅させ、そして知的冒険心を掻き立てるのです。東洋史学が対象とするこのようなアジア社会は、落ち着き安定したヨーロッパ社会とは異質なものです。したがって、その社会へのアプローチも定まったものがあるわけではありません。それゆえに私たちは、まずアジア社会の中に入り、体験を積み、アジアを見る目を養っていくことを実践しています。私たちが研究対象としているのは、激しい変化の中にある現代のアジアだけではありません。「史記の世界」から「コーランの世界」にいたるまで、多様な文明世界の、古代から現代にいたる歴史が含まれています。東アジア文明の担い手となった中国・朝鮮、いくつもの騎馬民族国家が興亡した内陸アジア、仏教・ヒンドゥー・イスラーム文化が入り組む南アジア・東南アジア、そして古代オリエント文明とイスラーム文明が交錯する西アジア、さらに地中海・イスラーム文明と緊密な交渉を保ってきた北アフリカ・イベリア半島…。これらの地域は約五千年にわたる長い歴史を持ち、膨大な人口と広大な領域を有していま司馬遷『史記』の始皇帝本紀(明王朝時代の版本)サーサーン朝期のレリーフを前にする教師と生徒たちす。この地域に生きる人々の生活と文化を知ることなしには、世界を理解することはできないはずです。東洋史学研究室の学習を通じて皆さんは、歴史学にはさまざまな方法があり、さまざまなものの見方があるのだ、ということに気づくはずです。新鮮な感覚とたくましい意欲をもって、アジアに対する自分の個性的なアプローチを生みだしてほしいと思います。学生時代は、受け身の学習から抜け出し、研究上で自らの問題を見つけだすとともに、これからの長い人生についての重要な選択を迫られる大切な時期でもあります。コーチ役・助言者としての教授や助教、先輩や同級生の集まる研究室での率直な交流は、みなさんにとって大きな刺激となるでしょう。研究室にはアジア各地からの留学生も少なくありません。ここを世界に踏み出すための学生生活の拠点にしてほしいと思います。西洋史学研究室欧米系文化グローバル化の波にさらされ、変化し続ける現代社会において、近視眼的に将来を予測しようとする現状分析はもはや有効な指針とはなりえないでしょう。世界的視野で過去から現在までを複眼的に見通す歴史学の視点こそ、錯綜する情報を的確に選り分け、長期的展望に立った判断を可能にするものです。私たちの目指す歴史学研究とは、悠久の時の流れの中に揺るぎない視座を確保する営みに他なりません。西洋史学専修課程における研究と教育は、時代的には古代から現代まで、地理的にはヨーロッパを中心としながら、南北アメリカやアジア・アフリカとの関係をも射程におさめるものです。教員は、各分野を代表する研究者であり、授業は、教員各々の専門研究にもとづいた講義と、学生が教員とともに史料や文献を講読し、自らの研究発表をおこなう演習(ゼミ)からなります。学生の研鑽は最終的に「卒業論文」にまとめられますが、教員による指導はもちろんのこと、博士課程の大学院生が主催するサブゼミも開催され、最新の知識や方法論について助言できる体制が整っています。学生のみなさんは、教員や大学院生と接しながら、主体的に自らの学習、研究に取り組むことができるでしょう。西洋史学専修課程は、文学部屈指の大所帯です。在籍する学生の数は、大学院生をふくめて合計で100名近くになります。大学院生の存在感が大きいこともこの専修課程の特色で、そのため助言を与えてくれる先輩には事欠きません(ただし、常に10名前後の大学院生がヨーロッパ各地に留学しています)。西洋史学研究室は、法文二号館一階にあります。基本的に出入り自由で、入口近くには新着雑誌の棚があり、奥の談話室には、参考図書が配架されています。西洋史学の対象範囲の広さを反映して、英・独・仏はもちろん露・西・羅・伊・希など、西洋諸言語の図書が四方の壁を埋めています。研究室の雰囲気を一言で表すならば、古典的リベラリズムということになるでしょう。ここでは他人の邪魔をせず結果に自ら責任を負う限り、最大限の自由が与えられます。それと並んで、教員、大学院生、学部生のあいだの権威主義的でない、いわばフラットな人間関係も研究室の重要な伝統です。年一回の研究室旅行は、教員や大学院生と個人的に話ができる良い機会となっています。このほかにも、進学者歓迎会や卒業祝賀会が開かれ、さらに、ゼミごとに交流会が開かれるなど、学生間の交流が盛んなことも、当専修課程の特色です。研究室新着雑誌ギリシャ、サントリーニ島09