ブックタイトル東京大学文学部

ページ
6/32

このページは 東京大学文学部 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

東京大学文学部

アジア文化専修課程インド哲学仏教学研究室南アジアから東アジア世界にかけて思想的な基調となったインド思基本的な思想を正確に理解することが、現代の問題にアプローチする上想および仏教思想を、さまざまな視点から深く学び、また研究することでも必要不可欠と考えているからです。応用編として周辺の学問領域、ができます。なんと言ってもその醍醐味は、文献資料を原語で読むこそして現代の私たちの抱える問題にも接近することが期待されています。とができるようになることでしょう。また、読めなくても、アジア世界のこのように幅広い地域の資料を学びの対象とし、しかも古代から現基調になった思想を、深く知ることができるようになります。代まで、かつ基礎から応用までと、多くのことにチャレンジできる可能インド思想は基本的に口承で伝えられましたが、やがて文字で書か性が開かれていることが本研究室の魅力です。海外の大学との交流もれるようになりました。古典言語としてサンスクリット語およびパーリ語多く、留学生が多いことも特色の一つでしょう。ちなみにインド・デリーが存在しますが、それらの言語で書かれた資料の講読を行う演習の授大学との学生交流協定は、東京大学で最初に始まった協定です。業は、一番、伝統的な学問の雰囲気を持っています。この分野に参入する学生は皆、それぞれが夢を持って学んでいます。やがて仏典は、隣の文化圏であったチベットや中国にも伝えられ、学部生と大学院生の風通しの良さも伝統の一つですし、また教員と学チベット語、古典漢語に翻訳されました。さらには東アジア東端の朝生の親睦を深めるために、年に一回の研究室旅行もあります。時には鮮半島や日本にも伝わり、その地の人々の基本的な価値観を形成する教員を含めた有志による合宿や海外旅行など、青春の一コマと呼べるに至りました。つまりアジア世界のほぼ半分の地域を対象に、しかも古体験ができることも、その魅力の一つだと思います。代から現代まで、インド思想と仏教を軸に学ぶことのできる研究室です。インド哲学仏教学研究室は、歴史的には漢文の仏書講読から始まりました。現在、8つの国立大学にインド哲学仏教学を学べるコースが存在しますが、日本仏教までその中に含みますのは東京大学だけの特徴です。さて、アジアの諸地域の文化に影響を与えたインド思想および仏教は、様々な研究領域と関連を持っていますが、本研究室の基本は文献の読解に置かれています。ナーランダーの僧院跡にて、学生、教員、OBも参加演習の一コマ、教員も学生も和合して・・真剣に基礎文化倫理学研究室「倫理学」という学問に、人が抱くイメージや期待は、おそらくさまざまなものでしょう。日常の行為の善悪について研究するということを思い浮かべる人もあるでしょうし、また、ソクラテスの生に重なるような「よき生」の追求を思い描く人もあるでしょう。自らの人生についての問いを直接重ねようとする人もあるでしょうし、また、今日的な社会問題への積極的な発言を期待する人もあるでしょう。倫理学専修課程に進学してくる学生諸君の思いも、そのようにきわめて多様なものでしょう。しかし、それが文学部の中で、しかも思想系の学問分野の中での倫理学研究となると、そのあり方も限定されてきます。文学部の学問が原典テクストの精密な読解を身上とするように、倫理学専修課程の学問も、倫理学についての原典テクスト、就中古典のテクストの読解をその基本とすることになります。その点では思想史研究が中心となり、現実的課題との関わりは間接的なものにとどまるでしょう。そのことはしかし、倫理という言葉に対する各人各様の思いを否定するものでは決してありません。むしろ古典の読解にこそ、それぞれの思いが最も豊かな奥行きをもって現実化する場面があるというのが、私たちの確信です。したがって、倫理学専修課程は、独断と空理空論を控えるという最低限の謙虚さを要求される以外は、きわめて自由な雰囲気に満ちています。かつてこの研究室の主任教員であった和辻哲郎は、日本近代において特筆すべき倫理学の体系を築き上げましたが、それは、演習室の風景西洋思想と東洋思想の融合および規範学としての倫理学と事実の学としての諸学の融合を目指したものです。さらに和辻は、倫理学以外に広く人文科学一般の分野でめざましい成果を上げたことで知られていますが、この多様な学問領野に開かれているという性格は、今日でも生きています。学生の研究対象の選択も各人の大幅な自由に任されており、実際、これまでの卒業生の研究テーマも、洋の東西を問わず、また古代から現代に至るまで、非常に多彩です。倫理学専修課程の講義・演習の対象領域は、西洋の倫理思想と日本のそれとに二大別されます。倫理学がいち早く自覚的な形態をとった西洋の思想伝統を学ぶことは、日本倫理思想史を専攻しようとする学生にとっても欠かすことはできません。一方、西洋の倫理学に関心を持つ者にとっても、自らが背負う伝統との対話は必要です。相異なる領域への幅広い目配りが求められるのが当専修課程の特色です。研究室の風景06