ホーム進入学案内 [ 考古学とは - 学生諸君へ - 進学情報 - 進路 ]

考古学研究室への進学を希望する皆様へ
For prospective students

考古学って何?

 人は大昔から「自分たちはどこから来たか?」、「どのようにして今のような世界ができたのか?」という疑問を持ち続けて来ました。それを知るために古い記録を探しましたが、古くなるほど不確かになり、やがてまったく記録のない時代に遡ることになります。説明のために神話も作られましたが、近代の人間は神話の説明では納得できません。そこで地中に埋まっている古代人の棲みかとか道具などを掘り出して、そのようなモノの証拠に基づいて失われた歴史を復元する試みが始まりました。これが考古学です。

 モノによって歴史を知るためにはまずモノを古さの順番に整理しなければなりません。編年と言い、考古学の骨組みになります。道具の種類や食べ物の残りかすから生活を復元することが、骨組みに対する肉付けになります。人間の行動のしかたや、人間同士の社会的なつながり、人間の思想などはモノとして残りません。考古学にとってもっとも不得手な分野です。しかしそのようなことがらも必ず何らかの痕跡をモノの形に残しているはずです。それを見つけ出して行動・社会・思想などを復元することが考古学の新しい課題になり、さまざまな挑戦が行われています。

 モノから最大限の情報を得るために、年代測定・モノの材料の産地を知るための元素分析・自然環境の変化を知るためのさまざまな方法など自然科学的分析が利用されます。大昔のことはいくらでも空想できますが、本当のことはなかなか分かりません。ですからかえって考古学では空想を避け、確実な証拠と論理で証明できることを重視するようになりました。考古学が人文諸学の中でもっとも自然科学に近い理由です。

 地域によって区分される日本史、東洋史、西洋史、研究対象によって区分される美術史などと違って考古学は研究材料によって規定される分野です。ですから日本も世界もあらゆる地域のあらゆる時代が考古学の対象になります。あらゆる時代だって?と思われるかたもおられるでしょう。しかしそうなのです。なぜなら文字記録から知ることができるのは、文字を書くことが出来た一部の人たちが、記録する価値があると思ったことだけなので、庶民の生活ぶりのように当時どこでも見られ、記録する価値などないと思われたことは記録されなかったのです。近年、中世の遺跡の発掘は当然のことになり、江戸時代の遺跡までさかんに発掘されるようになりました。

 文字記録を頼りに歴史を見ると、日本の中央に住み、記録を残した上層階級の政治史が中心になりがちです。しかし日本列島には北と南に文字史料の不足する蝦夷やアイヌ、琉球の歴史がありました。中央にも記録の乏しい庶民の歴史がありました。それらを総合的相対的に捉えようというのが近年の歴史学の新しい方向です。考古学と文献による歴史学の協力によって新しい歴史像が追究されているのです。テレビでもてはやされるエジプトやギリシャなどの輝かしい古代文明が考古学の対象のごく一部にすぎないことがおわかりいただけるでしょう。

 人類の歴史全体を大きく見渡すと、その長さのわずか2万分の1にすぎない百年間に地球の荒廃は著しく進みました。そこから「人間とは何か?」「人間と自然の関係はどのようであったか?」、つまり人間という存在の自己認識が大きな問題として登場しました。これに答えられるのは考古学と人類学だけです。なぜなら人間はその歴史の長さの99.9パーセントまで文字を持っていなかったからです。

考古学を志望する学生諸君へ

入学・進学情報

 東京大学の学部教育課程は、前期教養課程2年、後期専門課程2年に分かれます。考古学研究室は、文学部歴史文化学科考古学専修課程という枠組みで、主として前期課程の文科三類から学生を受け入れています。詳しくは、東京大学入学案内および「進学のためのガイダンス」を参照してください。

 東京大学の大学院教育課程は、修士課程2年、博士後期課程3年に分かれます。考古学研究室は、大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻考古学専門分野という枠組みで大学院生および研究生を受け入れています。修士課程・博士課程への入学試験は、例年1月末から2月にかけて実施されます。詳しくは、東京大学大学院人文社会系研究科の入学・進学案内をご覧ください。

卒業後の進路

学部卒業者の進学先   ※ 2005~2013年度実績
東京大学大学院人文社会系研究科、東京大学大学院新領域創成科学研究科、東京学芸大学大学院、早稲田大学大学院

学部卒業者および修士課程修了者の就職先   ※ 2005~2013年度実績(50音順)
青森県庁、岩見沢市役所、NHK、岡山県庁、川崎重工業、紀伊國屋書店、共同通信社、CSKシステムズ、住友信託銀行、住友不動産、双日、大黒倉庫、大成建設、大日本印刷、宝島社、中国銀行、トヨタ自動車、西日本鉄道、日本空港ビルディング、日本工営、日本コロムビア、八戸市博物館、百五銀行、芳文社、みずほ銀行、三谷商事、三井住友海上火災、三菱東京UFJ銀行、宮城県教育委員会、読売新聞社、陸上自衛隊

博士課程出身者(課程修了・単位取得退学・中途退学含む)の就職先   ※ 2005~2013年度実績、ポスドク期間後の着任含む
日本学術振興会(特別研究員)、愛媛大学、長崎県教育庁、沖縄県立博物館、福岡市教育委員会、札幌市埋蔵文化財センター、青森県教育庁、古代オリエント博物館、奈良文化財研究所