JASTSについて

 開催記録

 年報紹介
  ∟最新号について
  ∟過去の年報一覧
  ∟創刊趣旨


 科学社会学国際ワークショップ

 入会案内

 科学社会学会設立のご案内

 科学社会学会設立大会について
  ∟日時と場所
  ∟プログラム


  JASTS ― Japan Association for Science, Technology & Society
  科学・技術と社会の会


震災・原発事故に関連した月例会報告については、別途、
開催記録(開催案内文、発表題目、発表者名、発表要旨)を
特設ページに収録しております。
年報『科学・技術・社会』 第24巻が2015年6月24日に刊行されました。
詳細はこちらをご参照ください。
巻頭言「科学社会学会の設立へ向けて」をご覧いただけます。





次回月例会のご案内


― 科学・技術と社会の会のご案内 191th ―

今回は、宗教学の西村明氏をお招きし、原爆投下の犠牲になった900名近い長崎医科大学の関係者をめぐる慰霊と顕彰のあり方の投じる社会的意味について、率直かつ幅広く話題を提供していただきます。とくに、そこからうかがえる日本のアカデミズムの特性 を浮き彫りにすることに立ち入っていただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。



日時:2016年5月18日(水) 18:00〜20:00 PM
場所:東京大学本郷キャンパス山上会館 地下室002号室
(下記の東京大学のウェブサイトをご覧ください)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html

話題提供者:西村 明氏(東京大学)

テーマ:
「医学界的慰霊と顕彰ー長崎医科大学における原爆犠牲者への態度」

西村氏の発表要旨はこちらに掲載されています。
どうぞご覧ください。

※2005年度以降の月例会報告のうち、発表者から掲載用の
予稿や要旨の提供があった回については、「開催記録」ページに
引き続きPDFファイルを掲載しております。