インドの統計地図集

人間文化研究機構 現代インド地域研究
東京大学拠点




 

1. INTENTION OF THIS SITE

The image which mapped the statistical information of India is exhibited in this site. By mapping statistical information, the spatial distribution of the mapped value can be grasped intuitively. It aims at urging an understanding to India of not only those who are doing research for India but all the people that get interested in India.

2. HOW TO SHOW THE MAP

  1. Download the excel file from the following link. This shows the list of maps currently exhibited at this site.

    <<Excel file: MapList_131010.xls (1.01MB)>>

  2. Open the excel file you downloaded. You can find explanations of maps. Look for the target map and click the "download" link.

  3. Then, a web browser opens and a corresponding map picture is displayed.

3. NOTICE

  1. The user of this site can use the map of this site freely for the purpose of research or study.
  2. The map picture of this site cannot be used aimed at obtaining profit for any reasons.
  3. Redistribution of the map picture of this site is forbidden.
  4. All maps derived from this site need to be referred to as:

    "Mizushima laboratory (2012), Statistical Maps of India : http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~ind-maps/, Department of Oriental History, Graduate School of Humanities and Sociology Faculty of Letters, the University of Tokyo."

  5. We assumes no responsibility for any disadvantage or damage since the map exhibited at this site was used.

4. DATA USED FOR MAPPING

At this site, we use the following data.

map data:

statistical data:

  • 2001 census, Primary Census Abstract
  • NSS (National Sample Survey), round 38, 43, 50, 55, 61 and 66.

    NSS data is handled by Sato Laboratory (Kobe University, Research institute for Economics & Business Administration) .

In creation of this site, we received the support from National Institutes for the Humanities.

For your information

This page (in census of India) has descriptions about terms used in census maps.

 

 

1. 目的

このサイトでは、インドの統計情報を地図化した画像を公開しています。統計情報を地図化することにより、地図化した値の空間分布を直感的に把握することができます。インドを対象とする研究をしている人だけでなく、インドに関心を持つすべての人の、インドへの理解を促すことを目的としています。

2.使い方

  1. まず、本サイトで公開されている地図のリストを以下からダウンロードしてください。

    <<Excelファイル:MapList_131010.xls (1.01MB)>>

  2. エクセルファイルを開くと、地図の説明とその地図にハイパーリンクが貼られた表が表示されます。目的の地図を探し、その右にある「download」リンクをクリックします。

  3. Webブラウザが開き対応する地図画像が表示されます。

3.利用上の注意

  1. 本サイトの利用者は研究や学習を目的として、このサイトの地図を自由に閲覧することができます。
  2. 本サイトの地図画像は、いかなる理由によっても営利目的で使用することはできません。
  3. 本サイトの地図画像の再配布を禁じます。
  4. 本サイトの地図を論文等で利用する場合には、以下のクレジットを記載してください。

    「東京大学 大学院人文社会系研究科 東洋史学研究室 水島研究室(2012)、インドの統計地図集:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~ind-maps/」

  5. 本サイトで公開されている地図画像を使用したために発生した不利益や損害に対して、地図画像提供者はいかなる責任も負いません。

4.地図化に利用したデータ

本サイトでは、以下のデータを使い地図を作成しました。

地図データ:

統計データ:

  • 2001年センサス Primary Census Abstract
  • NSS (National Sample Survey) 第38、43、50、55、61、66ラウンド調査

    NSSデータについては、神戸大学 経済経営研究所 佐藤研究室での分析結果を基に地図を作成しました。

本サイトの作成にあたり、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構の研究資源共有化推進事業の支援を受けました。

参考

センサスの地図で利用されている用語は、センサスオブインディア内のこのページに解説があります。

 

 
Mizushima Lab., Department of Oriental History, Graduate School of Humanities and Sociology, University of Tokyo
 
 
Counter: , Update: